新しい裏側ブラケットALIASセミナーに行って来ました|大阪で見えにくい裏側矯正・痛みの少ない歯列矯正を行なう『ひがしさわ矯正歯科』

  • 大阪府豊中市
  • 蛍池駅前徒歩1分
  • 土日診療
ひがしさわ矯正歯科医院ブログ Orthodontic clinic blog
2018.11.19
  1. セミナー・学会

新しい裏側ブラケットALIASセミナーに行って来ました

東京北品川で、新しい裏側ブラケットALIASセミナーに行って来ました。
このブラケットはセルフライゲーションブラケットといって、開閉式のシャッターが、ついたブラケットです。今までも、クリッピーと言うセルフライゲーションブラケットはありましたが、クリッピーは、アクティブタイプと言って、シャッターが、ワイヤーを押し込む構造になっています。ALIASは、パッシブセルフライゲーションブラケットと言って、押し込まない構造になっています。どこが良いかと言うと押し込まれないため、ワイヤーとブラケット間での摩擦が起きにくいので、ワイヤーの力を抑える事が出来ます。他にもスロット構造の違いなど、今までのブラケットとは、かなり構造が違う物のようです。当院でも逐次導入していく予定にしています。

新しい裏側ブラケットALIASセミナーに行って来ました