歯列矯正と装置について|大阪で見えにくい裏側矯正・痛みの少ない歯列矯正を行なう『ひがしさわ矯正歯科』

  • 大阪府豊中市
  • 蛍池駅前徒歩1分
  • 土日診療

歯列矯正と装置について

Orthodontic treatment and device

歯列矯正とは ABOUT Orthodontic treatment

矯正歯科治療(歯列矯正)は歯並びを整える治療ですが、
単に見た目をきれいにすることだけが目的ではありません。
歯列矯正とは

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなり、肩こりや顎関節症などの原因となることがあります。さらに、食べ物をしっかり噛めなくなることで胃腸にも負担がかかるなど、全身症状に影響が及ぶ可能性があります。また、お子さまに至っては、虫歯や歯周病による歯の喪失、顔の骨格や脳の発達など、将来的なリスクを高めることにつながります。
矯正治療は、こうした症状の改善、または予防に大きく貢献します。口元がきれいになって見た目にも自信がもてるようになるので、表情が自然と明るくなる患者さまもたくさんいらっしゃいます。
歯並びを整えたいという方、またはまだ気になる程度の段階だという方も、お気軽にご来院ください。矯正歯科治療についてお話いたします。

歯を抜かない
矯正歯科治療(非抜歯矯正)
Three reliable concepts of this clinic

歯は⼀度抜いてなくなってしまうと、元に戻すことができません。
当院では、健康な歯をなるべく抜かない矯正歯科治療をご提案いたします。
歯を抜かない矯正歯科治療(非抜歯矯正)

矯正歯科治療では、スペースをつくって歯を移動させるために、抜歯しなければならないケースがあります。しかし、多くの方がなるべく抜歯せずに治療を受けたいと思うことでしょう。
子供の場合、顎の骨を動かしやすいという特徴があります。そこで、特殊な装置を使って顎骨のバランスを整え、抜歯することなく歯並びを整えるためのスペースをつくることが可能となります。
大人の方も、精密検査で、精確性の高い口腔内のデータを取り、あらゆる側面から矯正治療のシミュレーションを行なって歯を残す可能性を探っていきます。

年齢に応じた矯正治療 FOR AGE

子供だけでなく、大人や高齢者など、幅広い年齢の方が治療を受けられます。

子供の歯の矯正 幼児〜小学⽣の頃の混合歯列

子供の歯の矯正

成⻑期にしっかりと
歯の「⼟台」を作ります

小学生くらいまでの子供は成長期にあり、歯だけでなく顎やお顔全体が発育過程にあります。この時期にバランスの良い成長を促すことで、歯がきれいに並ぶための「土台」をつくることができます。この「土台」によって、矯正治療の仕上げが楽になるだけでなく、抜歯をしなくて済む可能性も高まります。
矯正治療は、小学生の時期からスタートすることでさまざまなメリットが生まれます。お子さまの歯並びについて心配されている保護者の方は、お早めにご相談ください。

中学⽣以降からの矯正 成⼈矯正

中学⽣以降からの矯正

短期間できれいな
歯並びを⽬指します

中学生や高校生は永久歯が生え揃う「永久歯列期」にあり、大人としての歯並びが完成していきます。それでも新陳代謝が早く、装置を使った矯正治療をスムーズに進めることができます。
将来、就職試験や結婚式など、歯並びで相手からの印象が左右されるシーンが出てきます。この時期に歯列を整えることで、大人になってから口元で悩まないようにしていきましょう。

中~高齢者の矯正 中~高齢者の成長期を過ぎた時期

大⼈の矯正

矯正治療は、健康な歯や歯肉があれば
いくつになっても始めることができます

矯正治療は、子供の時期に済ませるというのが一般的な認識だと思います。
たしかに、子供は顎骨の成長をコントロールすることができるなど、多くのメリットがあります。
しかし、大人の場合は顔や顎が成長しない分、治療予測を立てやすく、患者さまにご納得いただいたうえで二人三脚で治療できるというメリットがあります。
高齢の方も、歯や歯肉が健康な状態であれば矯正治療を受けられる場合があります。カウンセリングで治療が可能か説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。

矯正装置について ABOUT DEVICE

ひがしさわ矯正歯科医院では、低摩擦ブラケットと弱い力のワイヤーを使用。
歯に過度な力を加えないことで、痛みを軽減した治療を行っています。
Low friction(低摩擦)&Low force(弱い⼒)での矯正治療

Low friction(低摩擦)& Low force(弱い力)での矯正治療

当院では、摩擦が少なく、かつ弱い力で歯を動かす矯正装置を採用。従来のものより30%ほど力を弱めた治療で、患者さまの歯への負担を軽減しています。これにより、治療期間が伸びることもありません。
一般的な矯正装置では、歯に装着するブラケットとワイヤーの間に摩擦が生じます。この摩擦によって歯の移動が妨げられるため、より多くの力を歯にかけなければならず、ワイヤー交換の際に強い痛みを感じたり、食べ物を噛めなかったりするのです。
当院で採用している合金ワイヤーであれば、弱い力のワイヤーで十分に歯を動かすことが可能になります。患者さまからの痛みに関する訴えも減少し、「歯に痛みがないので、歯が動いているのか心配になります」という声をいただくほどです。

⾦属ブラケット

⾦属ブラケット メタルブラケット

一般的な矯正装置です。費用が安いというメリットがありますが、一方で口元が目立つといったデメリットがあります。

審美ブラケット

審美ブラケット 目立たない審美的な装置・クリアブラケット

透明な装置を使用した矯正治療です。口を開けたときにあまり目立たないので、外出の際に口元があまり気になりません。

セルフライゲーションブラケット

セルフライゲーションブラケット

従来の装置と異なり、ブラケット自体が結紮(しばりつける)機能を有しています。そのため、装置の摩擦を抑えて治療期間を短縮できます。

⾒えにくい装置

⾒えにくい装置 裏側からの矯正・コンパクトなブラケット

歯の裏側に矯正装置を付けることで、他人からは治療中であることがほとんどわかりません。また、コンパクトなブラケットを使用し口内の違和感を減らします。

負担の少ない、歯に優しいワイヤー形状記憶合金ワイヤー

歯に負担の少ない優しいワイヤー(弱い力のワイヤー)

従来のワイヤーは強い力で歯を引っ張るため、矯正中に痛みを感じるケースがありました。
そこで当院では、弱い力で持続的に歯を動かす形状記憶合金ワイヤーを採用しています。歯への負担が小さくなり、患者さまからの痛みを訴える声がほとんどなくなりました。
また、歯への圧力が強いワイヤーよりも歯を移動させやすいことがわかっており、治療期間をより短くすることにもつながっています。

特⻑
  • 弱い力で痛みを軽減
  • 従来の装置よりも歯の移動がはやい
  • 歯と歯周組織に対して負担が軽い
  • 来院間隔を長め(6週間間隔)にできる

裏側矯正の治療症例 CASE

歯に負担の少ない優しいワイヤー(弱い力のワイヤー)を使った治療症例・装着例

反対咬合 デコボコ症例 16歳女性

●治療法
上裏側矯正 下表側矯正 上顎右側第一大臼歯抜歯
●費用
約105万円(ともに税込、調整費、保定費まで含む総額制)
●期間
2年6ヶ月
●付記
右上第一大臼歯が崩壊していたため、小臼歯を抜歯せずに治療した。反対咬合なので、上顎前歯を唇側傾斜させている。
●リスク
・副作用
外科矯正での治療を選択せず矯正治療のみの治療の為、前歯の歯軸などある程度、妥協する部分がある。また片側しか抜歯しない場合だと歯の真ん中がずれる事がある。
ワイヤーでの治療 / 反対咬合 デコボコ症例 16歳女性

デコボコ症例 20歳女性

●治療法
上下裏側矯正 非抜歯
●費用
約111万円(ともに税込、調整費、保定費まで含む総額制)
●期間
1年8ヶ月
●付記
叢生がありスペース確保の為、上顎前歯部を0.25mmスライスカットしている下顎に関しては、大臼歯を直立させることでスペース確保している。
●リスク
・副作用
非抜歯治療では前歯が唇側へ傾斜するリスクがある
治療前
治療前
治療中
治療中
治療後
治療後

上顎前突 デコボコ症例 23歳女性

●治療法
上下裏側矯正 上下小臼歯抜歯
●費用
約123万円(ともに税込、調整費、保定費まで含む総額制)
●期間
2年4ヶ月
●付記
上顎前突・叢生でかつ開咬症例と難症例になり舌癖の改善なども治療の成否に関わってくる症例になっている。
●リスク
・副作用
下顎前歯唇側歯槽骨が薄い為に歯間鼓形空隙が空いてくるリスクがある
治療前
治療前
治療中
治療中
治療後
治療後