小児矯正治療例|大阪で見えにくい裏側矯正・痛みの少ない歯列矯正を行なう『ひがしさわ矯正歯科』

  • 大阪府豊中市
  • 蛍池駅前徒歩1分
  • 土日診療

小児矯正治療例

Pediatric orthodontic

子供の矯正歯科治療とは(混合歯列・小児矯正) ABOUT Pediatric orthodontic

子供のうちに矯正を始めることで、あらゆるメリットが想定されます

子供のうちに矯正を始めることで、
あらゆるメリットが想定されます

矯正歯科治療は幅広い年齢層の方が受けられるものの、成長期にある子供のときに始めることで、顎の成長をコントロールしやすい、抜歯の可能性が低い、といったさまざまなメリットがあります。

小学生や中学生など、年齢層によって歯の状態が異なるので、治療方法もそれぞれに適応したものになります。ご来院いただいた方には、お子さまの状態を診たうえで、どのような治療計画になり、そしてどれくらいの価格になるのか、お話させていただきます。

顎の成長を整えられる

成長期にある子供は、顎の骨も広がりやすくなっています。そのため、装置を使って上下の顎のバランスを整えやすく、歯の矯正をスムーズに進めるための土台をつくることができます。

大人になってから矯正する必要性が少なくなる

子供のうちから歯を矯正しておくことで、大人になってから歯並びが悪くなる可能性が低くなります。大人になってからの矯正では抜歯の可能性が高くなるため、子供のうちに歯列矯正を済ませておきたいところです。

抜歯の可能性が少ない

子供は歯を移動させるためのスペースをつくりやすいので、抜歯することなく歯並びをきれいにできる可能性が高くなります。

定期的な虫歯のチェックも可能

矯正治療中は歯がどれくらい動いたかチェックするため、定期検診を実施しています。その際に虫歯や歯周病になっていないか確認し、歯のクリーニングや歯磨きの指導も行なっています。子供は虫歯になりやすい傾向にありますが、矯正中の定期検診により歯の健康を守ることにもつながります。

小児矯正の治療時期 Timing of treatment

一期治療(6歳~小学校中学年ごろ)

一期治療(6歳~小学校中学年ごろ)

まだ大人の歯が生えていない(乳歯列期)、または大人の歯がいくつか混ざっている(混合歯列期)時期に行なう治療です。
子供の顎の成長力が盛んなこの時期に、上下の顎のバランスを整えたり、一部の歯を正しい位置に移動させたりします。いわば矯正の土台づくりをする時期にあたりますが、顎のバランスを整えることでこの後の歯列矯正がスムーズになります。
また、この時期の矯正治療については歯のサイズが小さいため、当院では表側矯正を勧めています。

一期治療(6歳~小学校中学年ごろ)

二期治療(小学校高学年~中学生ごろ)

大人の歯が生え揃う、永久歯列期に行なう治療です。一期治療のみで不正咬合が改善することもありますが、場合によっては大人の歯が生え揃ったこの時期にも矯正を進める必要があります。

中学生くらいであれば、裏側矯正が可能な場合もありますので、ご希望の方はおたずねください。

小児期に治療が必要な主な症状 Main symptoms

デコボコ

デコボコ (叢生)

基本的には顎のサイズに対して、歯が大きすぎる場合に起こる症状とされています。狭いスペースに歯が並ぼうとするため歯列が窮屈になり、一部の歯が外側や内側に大きく飛び出してしまいます。
デコボコになると歯磨きがしづらくなるため、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。さらに、噛み合わせも悪くなってしまいます。

出っ歯

出っ歯 (上顎前突)

上の顎や上の歯が前方へ突出している状態です。下の顎や下の歯が後方へ傾いているために出っ歯となる場合もあります。口を閉じづらく口内が乾きやすいため、虫歯や歯周病を発症しやすくなってしまいます。

前歯の1~2本の交叉咬合、切端咬合

前歯の1~2本の交叉咬合、
切端咬合
(前歯部反対咬合)

交叉咬合は、上の歯が下の歯より外側にくる正常な咬合と異なり、下の歯が外側に出てしまう症状です。切端咬合は、犬歯より前にある切歯の先端同士がぶつかり合っているような状態です。
こうした不正咬合は歯に負担がかかったり、虫歯や歯周病になりやすかったりするので、健康な歯を保つためには矯正する必要があります。