表側矯正治療例|大阪で見えにくい裏側矯正・痛みの少ない歯列矯正を行なう『ひがしさわ矯正歯科』

  • 大阪府豊中市
  • 蛍池駅前徒歩1分
  • 土日診療

表側矯正治療例

orthodontics

目立たない表側矯正とは ABOUT orthodontics

目立たない表側矯正とは

従来の矯正装置は、金属製で銀色をしているため目立ってしまいます。
そこで、表側に装着しても目立たないよう、セラミックやプラスチックでできたブラケット、白や透明の素材でつくられたワイヤーなどをご用意しています。従来の装置に比べて口元にナチュラルな印象を与えるので、外出の際もお口を気にすることなく笑顔でお話を楽しめます。お仕事の都合で、人前でお話をする機会が多い方にもおすすめです。
治療方法もスタンダードな表側矯正と同様なので、治療期間が伸びたり、治療の効果が小さくなったり、といったこともありません。安心して矯正治療を受けていただけます。

メリット

  • 透明な装置を使用するので、口を開いても目立ちにくくなります。
  • 金属の表側矯正同様の治療方法なので、多くの不正咬合に対応しています。
  • 話す際に舌が装置に当たらないので、発音の違和感が少なくなります。

デメリット

  • 裏側装置に比べると装置がやや目に付きやすくなります。
  • 装置を付ける歯の表側は裏側よりもエナメル層が薄いので、虫歯にならないようしっかりケアする必要があります。
  • 表側に装置を付けることで口の中に厚みが出るので、口元が突出したような感覚になる場合があります。
従来の金属ブラケットによる治療

銀色のメタルブラケットによる治療もご希望があれば可能です。当院では表側からの装置の場合、金属の装置・セラミックの目立たない装置のどちらを選択されてもかかる費用は変わりません。

表側矯正に向いている方 Conformant

表側矯正に向いている方
できるだけ低価格で矯正歯科治療を行ないたい方

裏側矯正よりも低価格になるので、予算の都合がある方や、少しでも低価格で治療を受けたい方におすすめしています。

装置が舌に当たる違和感や口内の異物感を避けたい方

裏側矯正では舌が装置に当たるため、口内に異物感が生じるおそれがあります。そうした感覚を避けたい方には、表側矯正の方が向いているといえます。

歯についた装置が見えることに抵抗のない方

お仕事やプライベートで、矯正装置が他人に見られても問題がないという方であれば、大きなストレスなく矯正治療を受けることができます。